イベント情報
menu トップぺージ くるみっこ日誌 更新情報 くるみ幼稚園ご案内 園児募集
 
『ちょっと立ち止まって、振り返ってみましょう👀。。。2月6日(火)付』


本日、熊本県私立幼稚園PTA連合会主催の「保護者大会〜次世代を担う子どもたちのために:子どもたちの幸せのためにできること〜」に参加してきました。

オープニングコンサートでは、ピアニストの伴奏と声楽家の美しい歌声(にじ等)が響く中、小さな子どもたちや赤ちゃん等が笑顔でその空間を楽しんでいる姿に、心が和みました😊

大会宣言では・・・
◆ぬくもりのある家庭基盤
◆保護者自身の質の向上
◆保護者同士の連携(園と共によりよい環境づくり含む)
◆行政への園振興に関する要望 等
がありました。

講演会では、「子どもの権利の視点を家庭に」と題して、大学学科長の話がありました。

加速化する少子化問題に加えて・・・
深刻化する子ども問題として・・・
◆児童虐待・ヤングケアラー・いじめ・不登校・若者の自殺等の増加
◆子どもの自己肯定感の減少 等
子どもたちの成長段階における現状を伝えてもらいました。


「子どもの権利」については・・・
『乳幼児期にも意見表明権がある』とあり・・・
『まわりの大人が、子どもの言葉等を支える必要性』とありました。

その意味では、家庭において・・・
「安心・安全・自由」が前提であり・・・
「子どもへの情報提供・意見を聴く機会・報告(説明責任)」が大切とありました☆ミ

重ねて、『子どもが意見を言える力』を育むために・・・
「選ぶ・悩む・意見を言う・失敗する等の経験を積むこと」が大切とありました☆ミ


制度や社会の問題。
家庭における課題もあるでしょう。

いずれにしても、子どもたちはいつか社会に一人で飛び込まなければなりません。
そして、人生の荒波に耐え、乗り越えていかなければなりません。

成長段階においても、様々な壁が立ちはだかることでしょう。
時に悩み・立ち止まり、時に遠回りすることもあるでしょう。
『その繰り返しの中で、成長の階段をゆっくりとのぼっていく』と考えます。

大人の愛情が、「先の見通しを持ちすぎ(先回りしすぎ)」たり、「大人の枠に知らず知らずに押し込めてしまう」こと等は・・・
子どもにとって、本当にプラスになることなのか・・・

大人自身も、日々の何気ない生活の中で・・・
子どもとの関わりを振り返ったり、失敗等を繰り返しながら、子育てをゆっくりと行っていくことが大切ではないでしょうか👀


重ねて、成長段階において、不安や悩みでいっぱいの子どもたちの存在が一方であることも、改めて知っておく必要があるのではないでしょうか👀


「子どもの権利」

子どもだからこそ、分からないこと・失敗すること、繰り返すこと等も、一つの権利かもしれません。

そんな子どもたちを『根気よく受け止めながら、関わっていく(寄り添っていく)大人の存在』は大きく、大切な環境の一つではないでしょうか👀


会場で穏やかに過ごしていた赤ちゃんの表情。
研修後、園に戻ると園庭で伸び伸びとお友だちや先生と楽しそうに遊び回っている子どもたちの表情。


そんな子どもたちの豊かで、素敵な表情を守るために、大人として何が出来るか・何が大切か👀

日々の生活の中で、子どもたちと当たり前のように接している大人が・・・
常に考え・心に留めておくことで・・・
子どもたちの幸せに、自然とつながっているのではないでしょうか。。。

『くるみ安心メール月初めシステム動作確認。。。2月1日(木)付』
◆園パソコンから送信済(9:53頃)
◆園パソコン△ら送信済(9:59頃)
◆園携帯から送信済(10:01頃)
☆緊急時の一つのツールとして、原則全ての保護者の皆様の登録をお願いしています。
☆登録されていない皆様は、早急のご対応をよろしくお願いいたします。

『能登半島地震義捐金報告。。。1月30日(火)付』
昨日、くるみっこ・保護者の皆様や職員の想いを、熊本県私立幼稚園連合会へ届けたことを、ここにご報告します。ご支援頂きました皆様に、深く感謝申し上げます。
◇118,990円
※「当連合会としての最終的な募金状況は、後日書面にてご報告することといたします」となっていますので、その際は改めてご報告します。
引き続き、被災地へ想いを馳せていきましょう。

『今後の園対応について。。。1月23日(火)付』
早速ですが、気象情報では、『この冬一番の強い寒気が流れ込み、普段雪の少ない地域でも大雪となり平地でも積雪となる所がある見込みとあり、熊本も本日夕方から明日朝にかけて所により大雪の恐れ』となっています。
現段階では、『明日[24日(水)]は、通常保育』としますが、今後の気象状況次第では自由登園となる場合がありますので、急な判断等を踏まえ、いつでも確認や連絡が取れるようにお願いします。

『能登半島地震被害への義捐金協力依頼。。。1月10日(水)付』
保護者各位
早速ですが、日々の被災報道を見聞きする度に、いろいろな想いが込み上げているのではないでしょうか。
現在、切実に支援を必要としている被災地の方々がいます。
そこで、「熊本県私立幼稚園連合会」より、下記の依頼があり、今回のご趣旨にご賛同(任意)いただける皆様は、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

令和6年1月9日
各加盟園設置者・園長  様
一般社団法人熊本県私立幼稚園連合会理事長 大矢野 隆嗣
≪令和6年1月能登半島地震被害への義捐金協力依頼≫
新しい年が明け、各園におかれましては新学期が始まりご多忙の日々をお過ごしの事と拝察申し上げます。
さて、皆様既にご承知の通り、年明け早々元日に能登半島を襲った「令和6年1月能登半島地震」により石川県を中心に甚大な被害が出ております。
当連合会では、被災地の幼稚園及び保護者の方々へ復興の手助けになればと願い義捐金の募集を行う事といたしました。
つきましては、園児の保護者や教職員の皆様方にご協力をお願いして義捐金集めにご尽力下さいますようご依頼申し上げます。
まだ、全日私幼連から正式な依頼は来てませんので、全日私幼連を通じてか他の機関を利用してかは決定しておりませんが、被災された方々へ確実に届けて頂きたいと思っております。
当連合会としての最終的な募金状況は、後日書面にてご報告することといたします。
以上、ご協力の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

【義捐金の流れ】
◆ご支援頂ける皆様(任意)
◆〜1月26日(金)まで
◆お手持ちの封筒(領収袋以外・クラス及び氏名を記載)に、義捐金を同封してください。➡後ほど、領収書として、封筒はお返します。
◆直接職員へお渡しください。

『豊かな心で、いろいろなことを感じています💚。。。1月9日(火)付』


1&2号認定(満3〜5)は、「3学期始業式」を実施しました。
久しぶりにみんなで3階ホールに集いました。

代表児が、「頑張りたいこと」を発表してくました。
『お友だちと仲良くしたい』(満3歳児)
『お勉強・かけっこ・塗り絵』(3歳児)
『水泳・なわとび10回・お勉強』(4歳児)
『あや跳び50回・数遊び・お友だちと仲良くして、優しく遊びたい』(5歳児)
代表児が照れくさそうに発表する姿を、じっと他の子どもたちが嬉しそうに眺めている姿が微笑ましかったです😊

「園長挨拶」では、
◆最後の日まで、同じクラス・先生等と楽しく過ごす。
◆園で遊び・学べることに感謝し、いろいろなことにチャレンジする。
◆最後まで心を大きくする。(例:挨拶を大切にしよう)
等を伝えました。


最後に、能登半島地震における命の大切さや、頑張っている人たちがいること等を踏まえ、「黙とう」を実施しました。

黙とう!!と伝えると・・・
『お家がつぶれて、可哀そう』
『ごはんが食べられない』
『寒いのに頑張ってる』
『「黙とう・黙とう」と声に出す・まわりへ伝える・自分に言い聞かせる』
『戦争で死んでいる人がいる』 等
じっと目を閉じている子どもたちもいれば、様々な子どもたちの心の声が聞こえてきました。
子どもたちなりに、明るさや元気の裏で、いろいろ思いを受け止め、日々を過ごしているのでしょう。

最後に、笑顔で「園歌」を歌って、終了しました。

園で集えることに感謝し・・・
3学期も、各自の目標も含め、心豊かに過ごしてほしいと思います☆ミ

『元気玉🍙🍙🍙。。。1月5日(金)付』


連日の報道で、被災地の状況が少しずつ見えてきました。
余震・寒さ・水や食料等、本当に厳しい状況が続いていると思います。
被災地の方々は、必死に日々を過ごしていると思います。

園として・・・
想いを馳せたいと思います。
出来ることを模索しています。
関係者の皆様には、具現化することがあった際は、ご支援をいただけたら幸いです。


熊本の方々も、心を痛めていると思います。
同時に、被災したあの時の出来事が、一瞬にしてよみがえり、心が揺れ動いている人たちもいると思います。
引き続き、くるみっこ・保護者・職員や関係者の皆様の心の動き等も踏まえ、丁寧に関わっていきたいと思います。


「熊本地震」の際に、地域の方から🍙が届きました。
同じ被災者にも関わらず・・・
『地域の方々に、何かご支援出来ることをしたい』
『園が避難所になっていると思うので、職員の方々をはじめ、誰でも良いので配ってください』
温かい想い💛が、突然届きました。

実際に、直接手渡した方々の一瞬の笑顔。
園ホームページにこの写真をアップした際には、『元気をもらった』・『心の支えとなった』等の声もありました。

『人の温かさ💛』で・・・
たくさんの人が、救われたことを昨日のように思い出します。


今出来ることの一つとして・・・
『元気玉🍙』を届けたいと思います。

この写真を見ることで・・・
空腹も含め、何か不安な気持ちが少しでも解消されたり、何か温かい想いが伝わる等・・・
心を痛めている方々が、少しでも元気になってもらえたら幸いです。


想いを届け続けたいと思います。


≪くるみ安心メール月初めシステム動作確認≫
◆園パソコンから送信済(11:02頃)
◆園パソコン△ら送信済(11:20頃)
◆園携帯から送信済(11:24頃)
☆緊急時の一つのツールとして、原則全ての保護者の皆様の登録をお願いしています。
☆登録されていない皆様は、早急のご対応をよろしくお願いいたします。

『何気ない日々に、感謝と楽しさを見出そう😊。。。1月4日(木)付』


この度の、能登半島地震により、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申しあげますとともに、被害にあわれた皆様、ご家族の方々にお見舞いを申しあげます。

熊本地震を体感した県民として、寒さや今後の雨等も含め、現在の被災地の方々のご不安や葛藤等を考えると、胸が痛くなります。
小さな子どもたちも、心が大きく揺れ動いていると思います。
被災された地域の皆様の安全と、全ての関係者の皆様の一日も早い復興をお祈りいたします。




謹んで新春のお喜びを申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

本日、3号認定(0〜2歳児)の子どもたちは、一足早く『始業式』を実施しました。
小さな子どもたちですが、日々たくましく成長し、心は大きくなり続けています。
あっという間の時間でしたが、子どもたちが笑顔で集まり、嬉しそうに話を聞いている姿に、自然と心が温かくなりました。
登園時には、涙を見せた子どもたちもいたようですが、時間の経過と共に、仲間や先生たちとの再会により、元の生活に戻っていったようです。

園庭では、預かり保育を利用している子どもたち(3〜5歳児)が、元気に走り回っていました。
「だるまさんが転んだ」で、盛り上がっていました。
鬼は、先生や子どもたちが次々に交代していきます。
ルールを理解している子どもや、ざっと理解している子ども(汗)等・・・
いろいろな子どもが入り混じる中で、大きな声を出したり、笑ったり、走ったり、逃げたり等、笑顔いっぱいで過ごしている姿を、とても微笑ましく思いました。

『何気ない日々』が、戻ってきました。
日常の何気ないこの空間に、感謝したいと思います。


各地域や世界中においても、様々な大変なことも起こっていますが・・・
そんな中だからこそ・・・
被災地に想いを馳せると共に・・・
幸せな空間に子どもも大人も感謝しながら・・・
日々の生活の中で、『楽しさ』を見出し・・・
前向きに生活していくことが、とても大切だと感じています。


その意味では、「子どもたちの笑顔や行動・溢れ出る個性やエネルギー」は・・・
ここ数日何とも言えない気持ちもあった中で・・・
何だか助けられる瞬間でもありました。


卒園。進級。転園。
今後も、子どもたちは少しずつ前に進んでいきます。

子どもたちと一緒に笑顔や楽しむことも大切しながら・・・
全ての関係者の皆様に、丁寧に関わっていきたいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

『まだまだ咲き続けます🌻。。。12月28日(木)付』


この一年間、くるみ幼稚園の教育・保育へのご理解及び温かいご支援をいただきました全ての皆様に、感謝申し上げます。


早いもので、今年も残りわずかとなりました。
ひとり一人、月日の移り変わりの早さは違うと思いますが・・・
くるみっこは、日々の生活を通して、目の前のことに夢中になりながら、心を一つひとつ、ゆっくりと広げていきました。

たくさん笑った。
たくさん泣いた。
たくさん話した。
たくさん立ち止まった。
たくさん挑戦した。
たくさん頑張った。
たくさん夢中になった。
全てが、子どもたち貴重にとって、豊かな学びの時間💖だったと思います。


園として、感染症対策等の変化を求め続けられる環境においても・・・
今年は、『前へ』という想いも胸に・・・
子どもたちが『さらに一歩前に踏み出せる機会の提供』に向けて、園活動も少しずつ広げていきました。
職員間で話し合いを重ね、試行錯誤を繰り返す中で、日々の子どもたちの教育・保育環境の充実に向け、丁寧に関わってきました。

中には、「(環境の変化も含め)子どもは、何かを考え、胸に何かあっても、中々言葉に結晶しない・具体的行動が伴わない場面」もあります。
だからこそ、『子どもの心をしっかりと観察すること』も大切にしてきました☆ミ

いずれにしても、全ての関係者の皆様の温かいサポートも重ねてあったからこそ・・・
くるみ幼稚園の教育・保育が提供出来たことを忘れてはならないと考えています。


直近の『生活発表会(満3〜5歳児)』のいくつかの場面を思い出します👀。

フロアー上でフープを回していたAくんが、上手く回せない場面がありました。
他の子どもたちは、どんどん回していきます。
次の瞬間・・・
直ぐに笑顔で再チャレンジし、フープを楽しそうに回すAくんの姿がありました。
さらなる失敗も恐れず、空間を楽しさに変え、表現しているAくんの姿も素敵でした👍

Bちゃんが、緊張からか、演技中に一瞬立ち止まる場面がありました。
その様子を自身の演技を行いながら心配するCちゃん。
しばらくすると、意を決し、自分の場所に一歩ずつ移動し、笑顔で踊り出すBちゃん。
Cちゃんも、横で嬉しそうに踊っている姿がありました。
Bちゃんの頑張り。Cちゃんの優しさ。何とも言えない二人の姿も素敵でした👍👍

出番直前で、トイレにいきたくなったDちゃん。
ステージ上では曲が流れ続けます。
子どもたちが次々に出てくる中、ある一定の時間ステージ上には誰もいない瞬間となりました。
会場にいた人たちが、少しずつ何かに気づき始めます。
しかし、その状況を察した人たちは、静かにDちゃんの帰りを待ち続けました。
その後、Dちゃんがステー上に一人で現れ、丁寧に発表を終えると・・・
会場全体が、自然に大きく・温かい拍手に包まれました。
最後までやり抜いたDちゃん。最後まで温かく見守った大人たち。心温まる空間も素敵でした👍👍👍

学年発表の入れ替えに伴い、短時間で次の準備に取り掛かる先生たちの姿がありました。
その中に、階段の小さなゴミをガムテープで、何度も丁寧に一つひとつ取っている先生の姿もありました。
来園者が誰も気づかないであろうことに対して、『くるみっこをはじめ、来園者の素敵な空間提供』を目指し、心を配る各先生たちの姿も素敵でした👍


子どもの心が・・・
自然と動く瞬間☆ミ
前へと動き出す瞬間☆ミ
いろいろな場面で、胸が温かくなる・熱くなる瞬間が、園内に広がっていました☆ミ

改めて、くるみっこはたくさんの温かい人たちに囲まれながら、今年一年を楽しく・元気に過ごすことが出来たと思います。

子どもたち自身は気づいていないことも多いと思いますが・・・
『いつかそんな温かい人たちに支えられた想いや温かさを、まわりの人たちへ届けてくれること』を、大いに期待しています🌟🌟🌟



【岡本かの子(小説家・歌人)】
〜同じ根に二つ咲きたる緋ぼたんの一つ小さきすべなかりけり〜
同じ肥料をやって同じように育てた花も、同じには咲かない。
どれもみな花は咲いたけれど、花と見えないような貧しい花もあったり、花咲くということにおいては同じですけれども、それが同時に開くわけでもなければ、一番美しい花と言っても、誰がどれをきれいと思うかということも違いますし、みんなの認める美しい花がみな咲くものでもない。
いろんな花が、いろんなときに咲くということを覚悟しないと、そういう考え方が根本にないといけない。


『いろいろな花が、いろいろな時に咲く🌸』


自分を変革しながら、新しい時代の空気の中で成長していってほしい。
自分の道をどんどん開拓していってほしい。
創造を掘り起こすエネルギーに満ち溢れてほしい。
探求心を持って、成長を実感してほしい。
いきいきと遊び・学び合う中で、さらなる発見(知らない世界)・新たな自分を知ってほしい。


子どもの心の成長の効果は、必ずしも直ぐに表面に現れないこともあります。
そんな子どもたちの『心の中を耕す工夫』を大切にしながら・・・
未来の幸福を作り出す土台作りを想像しながら・・・
『子どもを伸びやかに見る・見守る』こと・・・等
大人として、大切にしていきたいものですね👀


いろいろな花が、いろいろな時に咲いて良いと思います🌺🌺🌺


引き続き、職員一同、丁寧にくるみっこを受け止めていきます。

全ての関係者の皆様にとって、新しい年のさらなるご活躍を心からお祈り申し上げます。

『明日の強烈寒波到来を踏まえ。。。12月21日(木)付』
早速ですが、現在の気象情報によると、「寒気の流れ込みに伴い、明日(22日・金)にかけて、断続的に雪が降り、山沿いを中心に平野部でも雪が積もる等、強烈寒波到来」とあります。
そこで、万が一に備え、先の見通しも含め、下記のとおりとします。

≪1&2号認定≫
◆本日、「荷物」及び「プリント物」を持ち帰しています。
◆上靴を持ち帰しているため、『明日の登園の際には上靴』を忘れずに、持たせてください。

≪1〜3号認定≫
◆状況次第では、『自由登園』とする場合があります。
自由登園となった場合は・・・
◇通園バスは、行き帰り共に出ません。(1&2号認定)
◇2学期終業式(1&2号認定)は行いません。
※「自由登園」等の対応をする場合は、くるみ安心メール等でお知らせします。

≪土曜日保育(23日・土)≫
◆無理な登園は控えていただくと共に、早めのお迎えが可能な皆様はご支援をよろしくお願いします。

引き続き、安全管理に努めていきますので、ご理解とご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

⇒ MORE


 

Copyright©2013 くるみ幼稚園 All rights reserved.